アウトレットへの50億円税金投入の是非を住民投票で問う深谷市民の会(略称)住民投票の会

税金投入ゼロにするため住民投票を実現させましょう。

市長に向けて

 私達は署名収集後、市長に対し本請求いたしますが、選挙管理委員会で署名などの精査が行われた後、市長から議会に上程していただき審議が求められます。 その際、市長は議会に対して意見書を添付いたしますので、その内容が注目されます。市長におかれましては、何卒「民意」を聞くことに前向きな意見書を示されますようお願い申し上げます。

 私達はこのたび、小島市長に対し下記のような「質問書」と「申し入れ書」を提出いたしました。
 質問書では最近新しく作成された深谷市の説明資料にも掲載されていない3点を、小島市長の納税者に対する政治姿勢の問いと合わせて質問させていただきました。
 「申し入れ書」では、過日議員集会において、深谷市産業拠点整備室から住民投票可決=(イコール)訴訟と言う間違った概念図が示されました。その誤りは、住民投票条例制定を審議する議会に間違った予見を与えるもので、深谷市として正しい対応を求めたものです。
 いずれに対しましても小島市長には、速やかなご回答をよろしくお願い申し上げます。


質 問 書



申し入れ書


質問書(PDF)

  

申し入れ書(PDF)


参考資料

 議員集会において、深谷市産業拠点室から提出された間違った概念図


市長からの回答

 11月13日付で、上記の質問書に対する回答が届きました。しかし、私たちの質問に対し、残念ながら真正面からお答えいただけなかったため、再度質問書を提出させていただきました。


回 答 書



再 質 問 書


回答書(PDF)

  

再質問書(PDF)